足部・足関節の障害に対するテーピングを用いたアプローチ

トレーナー&セラピストのためのハンズオンセミナー
『足部・足関節の障害に対するテーピングを用いたアプローチ』

isajiseminar1

スポーツにおける足部・足関節への力学的ストレスは大きく、それらが繰り返されることによって、筋・腱・靭帯などにさまざまな障害を引き起こす。所謂オーバーユース症候群の治療を進めるにあたり、そのメカニズムと病態を理解し、力学的ストレスの要因について全身アライメントや身体重心位置などから分析・考察していく作業が重要となる。

今回のセミナーでは、障害の原因を明確にするためのプロセスやテーピングによる介入方法についてハンズオン形式で解説します。

日時
2015年4月18日(土)14:00-18:00(受付13:30-)

内容
【講義】
・足部、足関節周囲の障害の概要
・各障害の評価方法
・各障害に対するテーピングによる介入
【実技】
・テーピングによる介入方法

※実技を含みますので膝より下がでる服装でお越しください。お着替えが必要な場合は更衣室をご利用いただけます。

会場
南谷クリニック南館2階メディカルフィットネスエムズ

講師
伊佐地 弘基 氏(理学療法士)

対象
トレーナー、理学療法士、作業療法士、鍼灸マッサージ師、柔道整復師、学生等

参加費
4,000円(税込)
※事前振込

ご用意いただくもの
・筆記用具
・名刺
・バインダー、下敷き等(机はありません)
・スリッパもしくは室内シューズ
・テーピングテープ
 -キネシオテープ(または類似品)50mm×1巻
 -ニトリート製EBテープ50mm×1巻

お申し込み
seminar

講師プロフィール
isaji

いさじ・ひろもと
河崎医療技術専門学校卒/東豊中渡辺病院リハビリテーション科理学療法室副主任/一般社団法人アスリートケア甲子園サポート部部長

アクセス
〒561-0884 大阪府豊中市岡町北 1-2-4
阪急宝塚線「岡町」駅より西に徒歩約2分。
セミナー会場へは北館からは入ることができません。下記の地図を参考に「南館」にお越しください。
msmap


2015-03-22 | Posted in セミナーComments Closed 

関連記事