足部における静的・動的評価

トレーナー&セラピストのためのハンズオンセミナー
『足部における静的・動的評価』

二足直立歩行するヒトにおいて、足部は地面と接地する唯一の部位である。その足部は多くの骨と関節から成り立ち、わずかな動きながら姿勢制御に大きく貢献している。そのため足部の運動機能が姿勢・動作において非常に重要であり、足部の評価なくして荷重下での全身アライメントやバランス機能を観察し分析することは難しい。

今回は、足部機能が荷重下での姿勢制御においてなぜ重要であるのか、またその評価方法を実技を交え紹介するとともに、歩行などの動作との関連を運動連鎖の観点より探る。

日時
2015年2月14日(土)14:00-18:00(受付13:30-)

内容
【講義】
・足部の評価
・足部からの運動連鎖を考慮した全身アライメントの評価
・歩行などの動的アライメント評価
【実技】
・上記評価の実技
・事例
※実技を含みますので膝より下がでる服装でお越しください。お着替えが必要な場合は更衣室をご利用いただけます。

会場
南谷クリニック南館2階メディカルフィットネスエムズ

講師
伊佐地 弘基 氏(理学療法士)

対象
トレーナー、理学療法士、作業療法士、鍼灸マッサージ師、柔道整復師等

参加費
4,000円(税込)
※事前振込

お申し込み
seminar

講師プロフィール
いさじ・ひろもと
河崎医療技術専門学校卒/東豊中渡辺病院リハビリテーション科理学療法室副主任/一般社団法人アスリートケア甲子園サポート部部長

アクセス
〒561-0884 大阪府豊中市岡町北 1-2-4
阪急宝塚線「岡町」駅より西に徒歩約2分。
セミナー会場へは北館からは入ることができません。下記の地図を参考に「南館」にお越しください。
msmap


2015-01-25 | Posted in セミナーComments Closed 

関連記事