[レポート]動きとマニピュレーション

トレーナー&セラピストのためのハンズオンセミナー
『動きとマニピュレーション』
日時:2013年12月23日(月・祝)10:00-17:00
会場:大阪社会体育専門学校(大阪市)
講師:佐藤博紀(ATC、RISI公認ロルファー™、MAT公認スペシャリスト、NASM-PES)

トレーナー&セラピストのためのハンズオンセミナー『動きとマニピュレーション』を開催しました。「重力」「テンセグリティ」「幾何学」などのキーワードを中心に、身体の動きのクオリティを高めるためのアプローチ方法を学んでいただきました。

身体の一カ所を縮めるのではなく、全体の広がりと連動性を使って動く感覚、重心の移動を明確に感じる為のステップなど、人間の基本動作を身体で感じながら学びました。正しい動きをガイドする為の手の使い方とマニピュレーション方法も学んでいく事で、習得するまでに時間がかかる身体の動きの感覚を促すヒントになったのではないでしょうか。

[参加者の声]
◯今回のセミナーでは今までのMATのセミナーとは異なった観点で、佐藤先生の考え方を学ぶ良い機会となりました。今回の手技では、小さく動くことが身体へ大きく影響を与えることがわかりました。実際に受けてみて手技の効果が実感でき、現在でもその感覚を活かしながら治療や、自分の姿勢調整に目を向けることができています。
臨床では、脳卒中の高齢者が中心のため身体アライメントが崩れている方や自発性の低い方がほとんどですが、ある程度他動的に手技を施行してもアライメントに変化が出て動きにも影響しやすいように感じます。特に仙骨・腸骨との動きと、頭蓋後頭骨の動きを調整していくと動きが広がりやすい印象があります。今後も臨床で活かしていきたいと思います。
◯今回は佐藤さんの考えがとても盛り込まれているセミナーでした。どんなテクニックでも型などを重要視してしまい最も核心の部分を忘れてしまったりして、ただの技術屋になってしまうことが多い中で、今回のセミナーを聞くと考え方が180度変わる方もいたのでは?願うことであれば、私の周りの人達にもぜひ聞いて頂きたい、そんなセミナーでした。
◯今回のセミナーには同じ体を扱う仕事にも関わらず、多種多様の職種の方がおられました。刺激になり、自分の職種に囚われない発想の必要性を感じることができました。
◯今までバラバラであった知識が、この度のセミナーのように全身のつながりを理論立てて説明して頂いたことで、統合されてきた。実技でしたこと以上に、自分でアレンジしやすかった。
◯自分の中で考えていた身体の軸の位置や身体運動についての考え方などとは異なった視点から講義していただき、非常に勉強になりました。また、実技の時間を長く設けていただく事で、実際に感覚としてわずかですが、感じることが出来たのは非常に良かったです。
◯今回は、クライアントの見方や見え方などを学べたのでないかなと感じます。トレーニングにおける、評価→修正のための分離→統合という流れが、ヒロさんが実施することは、流れは同じものの見方や視点が違うため勉強になりました。型にはめ込む必要性と、その方の感覚を重んじる重要性の両側面がマッチしてパフォーマンスが向上することを再認識いたしました。今回の、ハンズオンセミナーが現場でどのように使えるかは今はまだわかりませんが、自分自身の感覚として研ぎ澄ませるよう練習していきたいと思います。
◯ヒロさんのセミナーには何回か出ていますが、すごく本質的なところを、いろんなコンセプトを統合して、シンプルに伝えてくれたので、勉強になりました。
◯トレーナーとして選手やクライアントさんに対するアプローチ方法について大きく考えさせられました。大変、理にかなっており、人間の基本動作に立ち返ることが出来、その実践方法についても180度考えを変えるきっかけになり、まさに目からウロコでした。どれもヒロさんの実感から出てくる言葉なので、すぐに自分を通り過ぎることなく、僕の中に「種」として、残っている感覚があります。これから、その種を大切に育てていきたいと思います。貴重な時間をありがとうございました。
◯自分が学びたかった身体や動きに対する考え方、見方、整え方を学ばせて頂いた。セミナーの案内を見て自分が学びたいことだと感じ、まさにドンピシャでした。今クライアントさんに提供していることにすぐ、うまい事取り入れられるような内容。ヒロさんがその場限りのテクニックではなく、本質的な所の理解が深まることをやろうと考えて下さっているので、私たちヨガイントラでも活用できるセミナーなんだと思いました。多すぎず少なすぎず、人数もちょうど良い人数でした。欲を言うならせっかくあの人数いて、色々な身体の方がいらっしゃったので、最初から最後まで同じペア-ではなく、ペア-を何度か変えてもまた面白かったかなと思いました。

講師プロフィール
hirokisato
さとう・ひろき
NATA-BOC公認アスレティックトレーナー、RISI公認ロルファー™、MAT公認スペシャリスト、NASM-PES(パフォーマンス・エンハンスメント・スペシャリスト)。オレゴン州立大学、インディアナ州立大学大学院卒。MLBでインターンなどを行った後、NFL ヒューストン・テキサンズ、NFLEアムステルダム・アドミラルズでアスレティックトレーナーとして働く。現在は大阪市西区の靱公園近くにセッションルームH.S.R.を開設しロルフィングを提供している。


2014-02-03 | Posted in セミナーレポートComments Closed 

関連記事