筋テストと触診(頭頸部編)

トレーナー&セラピストのためのハンズオンセミナー
『筋テストと触診(頭頸部編)』

Report>>

『筋テストと触診』は下肢編、上肢編、体幹編と開催してきましたが今回は頭頸部編です。頸部から頭部にかけて、骨格のメカニクスから各筋肉の機能までじっくり見ていきます。頸椎・軸椎・環椎・後頭骨と、それぞれの関節で働きが異なります。まずはベースとなる骨格のメカニズムを学んでいきます。

次に、各筋肉をMATの筋テストを参考にしながらみていきます。
脊柱起立筋群の頸部と頭部の機能や斜角筋のテスト方法をはじめ、後頭下筋のようにグループで考えられてしまう筋群も細かくみていきます。また、頸長筋など、普段触る機会が少ない筋肉の触診方法も学んでいきます。
狭いスペースに幾層にも重なっている頸部の解剖と機能を理解することで、ムチ打ちや顎関節症などにも対応できるようになるでしょう。

日時
2013年2月16日(土)、17(日)
いずれも10:00-16:30

内容
◎2月16日(土)/ 頸部から後頭骨まで骨格へのアプローチと頸部表層の筋肉へのアプローチ
◎2月17日(日)/ 頸部深層の筋肉と頭部の筋肉へのアプローチ
※下肢編、上肢編、体幹編のいずれかにご参加いただいていない方は両日もしくは16日のみの参加でお願いいたします。17日のみの参加はできません。
※下肢編、上肢編、体幹編のいずれかにご参加いただいている方は16日もしくは17日のみの参加も可能です。
※但し定員に達した場合は両日参加の方を優先させていただく場合がございますのでご了承ください。

会場
大阪行岡医療大学(大阪府茨木市)
研究棟2階治療室

講師
佐藤博紀(ATC、RISI公認ロルファー、MAT公認スペシャリスト、NASM-PES)

対象
トレーナー、理学療法士、作業療法士、鍼灸マッサージ師、柔道整復師等

定員
14名

参加費
両日・・・・30,000円(税込)
1日のみ・・16,000円(税込)
※事前振込

お申し込み
終了しました

講師プロフィール
さとう・ひろき
NATA-BOC公認アスレティックトレーナー、RISI公認ロルファー、MAT公認スペシャリスト、NASM-PES(パフォーマンス・エンハンスメント・スペシャリスト)。オレゴン州立大学、インディアナ州立大学大学院卒。MLBでインターンなどを行った後、NFL ヒューストン・テキサンズ、NFLEアムステルダム・アドミラルズでアスレティックトレーナーとして働く。現在は大阪市西区の靱公園近くにセッションルームH.S.R.を開設しロルフィングを提供している。

会場へのアクセス
・阪急京都線総持寺駅 西口から徒歩6分

大きな地図で見る




体幹編、上肢編、下肢編の模様


2013-01-13 | Posted in セミナーComments Closed 

関連記事